飲み続けて10年

私は20歳の時に田舎から飛びだし、とある会社の広告代理店の営業マンを10年続けています。
私も今年で30歳になります。
勤め始めてから、きっと飲まない日の方が多かった気がします。
会社の上司との飲み会、取引先の接待など色んな所で飲んできました。
今思うと懐かしいです。
実は、最近になってアルコールと食生活が原因で病気を患っていまいました。
症状さえでなければ、日常生活に異常はないんですが、症状がでると治まるまで大変な思いをします。
病名は痛風で、人によっては贅沢病ともいいますよね。
自分で払うこと機会がほとんどなく、毎日のように飲んでいたので贅沢病といったら贅沢病かもしれません。
痛風はビールが一番だめなんて人がいますが、それは間違っていて、一緒に食べているものに大きな原因があります。
この病気の原因はプリン体にあり、お酒のおつまみになるものには大体多く含まれています。
〆にラーメンなんてプリン体を積極的に増やしにいっているようなものです。
体内に尿酸がたまっていって、それが結晶になることによって、激しい関節炎を起こします。
なので、先ほど言ったプリン体も体内で分解されて尿酸に変わっていってしまいます。
なってみればわかりますが、言葉で表現できる痛みではないということだけは言っておきます。
上司にも話をして、飲み会は出席しなくてもいいということになったので、治療に専念しています。
痛風になってからというもの、生活も一変し、食事制限し、もちろんアルコール類は一切飲まず、適度な運動も必要ということだったので、ジムにも通い始めました。
20歳の時から増えに増えていた体重も生活が変わったので、痩せてきています。
薬も服用していて、ザイロリックという薬を飲み始めました。
効果は、体内の尿酸の増加を抑えてくれる薬です。
効果がでるまで時間がかかる薬なので、良くなると信じて飲み続けていきます。
この病気は放っておくと、取り返しのつかない病気になってしまう可能性もあるので、ザイロリックなどの薬と合わせて、日常生活をきちんとコントロールしていくことが、一番早く治る方法じゃないかと思っています。