ザイロックで痛風予防

ザイロリックという治療薬がありますが、グラクソスミスクライン株式会社が製造販売している薬です。
主に痛風や、高尿酸血症の治療や予防に使用されます。
痛風になった方はわかると思いますが、かなりの激痛を伴います。
風が吹いただけでも、激痛が走るとのことから、痛風と呼ばれるようになりました。
尿酸が体の中に蓄積され、それが結晶になります。そして関節などで炎症が起き激しい痛みが伴います。
発症し、治療せず放置していると痛みが繰り返されたり、慢性的なものになり、体の他の部分にまで結節ができます。
最悪な場合は腎臓に重大な病気が発症する場合もあります。
血液中の尿酸値が高くなると、高尿酸血症になり、そのまま放置してしまいますと突然足の親指などが貼れ激痛が走ります。
痛みは耐え難く我慢できないほどになります。発作的に症状が出るので、痛風発作とよばれます。
大体、1週間から10日ほどで症状は治まり、しばらくすると全く症状が無くなります。
多くの場合、1年の間で同じような痛み(痛風発作)がおこります。そして次第に、発作の間隔が短くなってきます。
そうなると関節だけではなく、周囲にも痛みを感じたり、尿路結石ができてしまう場合もあります。
慢性痛風になってしまう可能性もあるので早めの治療が大切となります。放置などはせず、最初の症状の時点で対処しましょう。
痛風患者は20歳以上の男性が多い病気です。9割が男性ですので、男性特有の病気となります。
痛風の原因としまして、食生活や、飲酒、運動不足など挙げられます。
一回発症してしまいますと、再発の可能性が高いので、食生活など改めましょう。
ザイロリックですが、体内で尿酸を生産するのを抑えてくれます。
そして血液中の尿酸を減らしてくれますので、痛風の予防としても服用されています。
飲み始めると、一時的に発作が強くなる場合がありますので要注意です。
なので急性痛風発作がおさまってから使用するようにしましょう。
毎日服用することで、消化され、腎臓から排出することにより効果が出てきます。
そして正常の尿酸値の7.0mg/dl以下にしてくれます。
完治するわけではないので、飲み続けることが再発予防となります。
やはり、痛風の原因として述べたように、日ごろの食生活などを見治し、特にアルコールは尿酸値を高める作用があるので、プリン体の多いビールなどはなるべく控えましょう。毎日の運動なども大事になります。規則正しい生活を心がけましょう。