痛風の危険性

近年の日本で生活習慣病になりつつある痛風をテーマに原因と予防策と治療薬を合わせて解説していきます。
以前までは、30代からなる病気でしたが、食生活の変化からか若者でも症状が出てしまう人がいます。
なので今では中高年の病気ではなくなりつつあり、若者も知らないで済む病気ではなくなってきています。
痛風の原因は尿酸値にあり、尿酸が体内にたくさん溜まってしまうと、結晶化してしまい、足の親指などの関節に症状が発症します。
また女性はほとんどならないので、男性の病気といっても過言ではありません。
尿酸を作りやすくしてしまうのはプリン体というもので、お酒に合うおつまみの中には多く含まれています。
ビールのせいだという人がいますが、はっきり言えるのは原因の1つであり、一番の原因はその時に食べているものです。
食生活バランスが崩れると、痛風になる可能性は高くなります。
一度痛風になると完全に完治することは難しく、特定の薬を飲み続けなければならなくなります。
非常に厄介な病気なので、そうならないためにもまずは痛風の原因を予防する薬を紹介します。
インデラルという薬で、インデラルとは尿酸値を下げてくれる効果があり、痛風の予防薬として使われます。
食事のバランスを考えながら服用すると効果的で、尿酸値が多少高くても風痛になりにくくなります。
すでに痛風になってしまっている人にはザイロリックという薬です。
ザイロリックとは身体の中で尿酸が作られるのを抑えてくれる働きがある薬です。
血圧を下げてくれる効果もあり、服用を始めてから、2~3ヶ月くらいで薬の効果が発揮されます。
1日1回の服用ですが、服用はずっと続けなければならないので、飲み忘れには注意が必要となります。
痛風は他の病気を併発することも多く、その中には重大な疾患などもあります。
好き嫌いをせず、きちんと食のバランスを整え、痛風の可能性がある人は予防薬を同時に服用し、しっかり生活習慣を改善していきましょう。