痛風は食生活が原因

痛風とは、血中の尿酸値が高くなってしまい一定量を超えてしまうと発症する病気です。
症状は、関節などに激しい痛みを伴い、この痛みが出ることを痛みの発作と言います。
多くの人は最初に足の親指が赤く腫れ痛みがでます。
放置すれば体中のいたるところに尿酸の結晶が移動し、痛みを引き起こします。
そもそも尿酸は、プリン体が体内で変換されて蓄積されるものですが、このプリン体は食事やアルコールの摂取によって体内に取り込まれます。
鶏や豚、牛などのレバー、あんこうの肝、イワシやサンマなどの魚介系やその乾物、他にはいくらやたらこなどの魚のたまごや、鶏のたまごなども多くのプリン体を含んでいます。
またビールにも多くのプリン体が含まれており、発症のきっかけはビールだという人もいますが、必ずしも原因はビールには限られず、1つの原因ではありますが、プリン体を多く含んでいる食事はお酒のおつまみになっていることがほとんどです。
そのため錯覚を起こし、ビールが原因だと言う人がいるのです。
よくお酒を飲む人は食べ合わせが悪く、より多くのプリン体を摂取してしまっているのです。
また〆でラーメンを食べる人がいますが、ラーメンのスープのだしは魚や肉からとられているので、そのスープはプリン体の塊です。
ぜいたく病と言われるだけあって、原因となっている食べ物はカロリーが高く、高タンパクなものばかりです。
逆に尿酸値を下げる効果がある食べ物は、わかめや昆布、ニンジン、アスパラ、なす、じゃがいも、メロンやバナナなどが挙げられ、野菜や果物が中心です。
ここからわかる通り、尿酸値を上げないためには食事のバランスが大切であり、カロリーが高い食品は確かにおいしいですが、適度に野菜も取らなければいけないということです。
また尿酸を多く排泄するために、1日に水を2リットル以上飲むことを心がけるようにしてください。
尿酸が結晶化する前に、多くの尿酸を体外に排泄してしまいましょう。
偏った食生活は若者にも多くみられます。
痛風を発症する若者もいますで、食生活のバランスを見直してみてください。